てんかん

脳起源の痙攣(けいれん)を主とする発作をてんかんと呼びます。

てんかんは脳細胞群の電気エネルギーが突然過度に放電されて痙攣を引き起こします。てんかん発作には、意識が無くなって倒れ痙攣するといった大きな発作から、体の一部がぴくぴくと震える程度のものまで、様々なケースがあります。

てんかんが重度の場合は短い間隔で何度も繰り返す場合もあり、1回の発作が15分以上続くものや1回の発作が終わる前に次の発作が続けて起こる「重種発作」に気をつけねばなりません。

重積発作はてんかんの中で一番危険な状態で、命にもかかわる重大な状態なため、すぐに動物病院に連れて行きましょう。てんかんは二次性(症候性)てんかんと特発性(原発性)てんかんに分けられ、犬のてんかんのほとんどが特発性です。

てんかんの原因は?

二次性てんかんの原因は交通事故など外傷による後遺症や脳腫瘍や脳炎、水頭症などの障害、尿毒症、低血糖などが挙げられます。

特発性てんかんは遺伝的な要素が関連していると考えられていますが、詳細な原因は特定されておらず、検査によって他の原因が否定された場合に特発性てんかんと診断されます。

特発性てんかんの好発犬種は、M・ダックス、ビーグル、プードル、シェルティー、シェパード、ハスキー、テリア系、レトリバー系と言われています。その中でも、ここ数年でM・ダックスのてんかんが増加しています。

てんかんの症状は?

てんかんの症状は、不安、落ち着きがない、流涎、嘔吐などの前兆があり、突然前足と後ろ足がピーンと伸びる、横転したり後ろへのけぞる、足や口を細かくガタガタと震わせる、手足の屈伸運動や犬かきをして泳ぐような運動がみられ、意識が無いため、失禁したり脱糞したり口から泡を吹いたりします

通常、数十秒から2~3分間でケロッと普段の状態に戻ったり、しばらくもうろうとした後にだんだん普通の状態に戻ります。

関連の記事

  • ホルネル症候群ホルネル症候群 ホルネル症候群とは、顔面を支配している交感神経が働かなくなってしまう病気です。 ホルネル症候群の原因は? 原因として先天性異常、外傷、 […]
  • 水頭症水頭症 水頭症は、脳内の圧力が異常に高まることによって、様々な神経症状を示す病気です。 頭蓋骨の内部には脳室と呼ばれる空間があり、脳脊髄液と […]
  • てんかん(治療)てんかん(治療) 現在のところてんかんは投薬による治療がほとんどです。 原因がはっきりしている症候性てんかんの場合には原因に適した治療が必要となります […]
  • 脊髄梗塞脊髄梗塞 脊髄とは背骨の中を通り、脳からの電気信号を全身に伝える神経細胞の集合体です。 この脊髄の中を通っている血管が詰まってしまいその部分の […]
  • 馬尾症候群馬尾症候群 脊椎(背骨)は部位によって頸椎(首の部分)・胸椎(胸の部分)・腰椎(腰の部分)・仙椎(おしりの部分)と呼ばれ、その中を走る脳から抹消の神経 […]
  • 前庭疾患前庭疾患 前庭とは耳の中の一番奥の内耳にあります。 前庭は「卵形嚢(らんけいのう)」と「球形嚢(きゅうけいのう)」と「半規管(はんきかん)」か […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP