ウサギの不正咬合

ウサギには大きく分けて、切歯(前歯)と臼歯(奥歯)2種類の歯があります。

ウサギの歯は一年間に約10~12cmも伸びますが通常は食べ物を咀しゃくするときに上の歯と下の歯が擦れ合うことによって、ある一定の長さが保たれています。

この運動が十分にされないと、削れなかった歯の一部が伸びて、口の中の尖った歯が口内を傷つけてしまうことになります。

ウサギの不正咬合の原因は?

切歯の不正咬合は、遺伝的なものが多いとされています。特にダッチ系やロップ系は多いとされています。

後天的な要因では、咀しゃくの回数が少なくなってしまう柔らかい食餌や繊維分の少ない食餌を多く与えたり、また極端に硬いものをかじることで、歯根を痛めてしまったり、事故で切歯を破切してしまって歯の向きに変化が生じてしまうことなどが挙げられます。

症状としては歯ぎしりをする、よだれをたらす、食欲が無くなるなどがあげられます。

ウサギの不正咬合の治療は?

治療は歯を切ることになります。

切歯ならば無麻酔で切ることが可能ですが、臼歯になると麻酔をかけての処置になります。

ウサギの手術では気管チューブは使用できません。その為麻酔の深度を調節することが非常に困難な為、麻酔の危険性は犬、猫などの動物よりもより高いものとなります。

また、何日もごはんを食べていない体力の低下したうさぎに麻酔をかけるのは大変リスクが高いものとなります。

たかが歯の病気ですがうさぎにとっては命取りなので、日ごろからうさぎが歯をすり合わせて食べるような、繊維分を多く含んでいる牧草や良質なペレットをあげて下さい。

15

切歯の不正咬合

関連の記事

  • Screenshot_1ウサギの斜頸 斜頸とはかしげるように首を斜めに傾ける症状のことを指します。これはウサギの神経症状として最も多くみられます。 ウサギの斜頸の原因は? […]
  • 03フェレットの副腎疾患 副腎とは、フェレットを含む哺乳類が左右にひとつずつ、合計ふたつ持っている小さな臓器で、さまざまな種類のホルモンを作っています。ホルモンの中 […]
  • ウサギの毛球症ウサギの毛球症 毛球症とはグルーミングなどで飲み込んだ毛が、胃腸内で絡まってボール状になり、胃腸を詰まらせてしまうことです。 ウサギは犬や猫と違って […]
  • 10ウサギの子宮疾患 ウサギの子宮疾患には様々なものがありますが、その中でも子宮内膜ポリープ(過形成)が最も多く、次いで子宮腺癌が多いです。 子宮内膜ポリープ […]
  • 16_aウサギの強制給餌・マッサージ法 強制給餌 ウサギは絶食に耐えられない動物です。短期の絶食もしくは採食量の不足でも全身状態の悪化につながりやすくなります。 ウサギに […]
  • 犬の出産(自宅での自然分娩)犬の出産(自宅での自然分娩) 出産の準備 出産予定日が近づいたら母犬が落ち着いて出産できるような産室(箱)を用意して下さい。 産室を静かな場所に置き、母犬をひと […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP