コクシジウム症

コクシジウムは腸管に寄生する原虫で、水溶性下痢を引き起こすことがあります。コクシジウムは、おもに生まれたばかりの仔犬で問題になります。

コクシジウムは日和見感染をする寄生虫です。仔犬がストレスを受けたり、不衛生な状態におかれたりしない限り、これによって病気になることはめったにありません。

コクシジウム症の症状は?

感染した仔犬は、軽度の下痢から粘液便や血便になることもあり、食欲を失って脱水症状を示すようになります。

コクシジウムは正常な仔犬の便にもみられますが、回虫などの内部寄生虫が症状を起こしている場合など、なんらかの形で子犬にストレスが加わると増殖します。

通常、コクシジウム症にかかった子犬の糞便検査を行うと、コクシジウム卵が見つかります。

コクシジウム症の治療は?

コクシジウムは体内から完全には駆虫されにくい寄生虫です。

治療は薬剤投与によって行われますが、薬によって完全に体内から出し切ることができません。薬剤でその数を減らし、後は自身の体の免疫力によって排除されるのを待ちます。

01

コクシジウム卵

関連の記事

  • 11毛包虫症 ニキビダニ(毛包虫、アカラスともいう)というダニの一種が、動物の毛包及び皮脂腺に寄生して発症する皮膚病で、ほとんどの哺乳動物にもとから寄生 […]
  • 疥癬症疥癬症 疥癬症(かいせんしょう)はヒゼンダニによって起こる皮膚病です。 犬、猫以外にもウサギ、フェレット、ハムスターにも見られます。 疥癬 […]
  • 糞線虫症糞線虫症 糞線虫の成虫は、約2mm程の細長く白色糸状の形状です。この糞線虫がイヌ、ネコ、サル、ヒトなどの消化管(小腸)に寄生して、下痢など様々な症状 […]
  • 鞭虫症鞭虫症 犬鞭虫という5~7cmほどの白く細い「鞭(むち)」のように見える吸血性の寄生虫によって引き起こされる病気です。 鞭虫症の症状は? 少数 […]
  • 鉤虫症鉤虫症 鉤虫(こうちゅう)は比較的多い犬猫の消化管寄生虫です。成虫は小腸に寄生し、卵は糞便に排泄されます。診断は顕微鏡での糞便検査による虫卵の確認 […]
  • 条虫症条虫症 条虫(じょうちゅう)は犬猫の消化管に見られる寄生虫です。 頭部と長い平らな片節の体部からなっています。片節は便中に排出され、頭部は消 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP