シラミの寄生

シラミが犬や猫の体表に寄生すると、多くの場合とても強い痒みが生じ、しきりに体をかいたり噛んだりするようになります。

このため皮膚にかき傷ができたり脱毛がおこったりします。これに細菌の二次感染が加わると皮膚の状態はさらに悪化してしまいます。

シラミの寄生の原因は?

感染の原因は、主に接触感染です。

身体と身体が触れ合うことで、シラミがうつります。狭い場所で多数の動物が飼育されているような環境だと発生しやすいくなります。

犬に寄生するシラミには、イヌジラミ、前者は吸血し、寄生がひどくなったら深刻な失血によって貧血となります。

後者は血を吸わない代わり、皮膚を食べてしまいます。猫は吸血シラミにやられることはありません。シラミは宿主特異性が非常に強く、犬や猫のシラミは人間には寄生しません。いずれも寄生により皮膚炎を生じ、痒み、紅斑などがみられます。

シラミの寄生の治療は?

治療には駆虫薬と薬浴を用います。

03a
イヌジラミ

03b
イヌハジラミ

関連の記事

  • ツメダニによる皮膚炎ツメダニによる皮膚炎 ツメダニによる皮膚炎は小さなダニがイヌ、ネコ、ウサギ、ヒトの皮膚の表層に寄生して起こります。 感染をうけた動物は背中にふけがたまり、 […]
  • 鞭虫症鞭虫症 犬鞭虫という5~7cmほどの白く細い「鞭(むち)」のように見える吸血性の寄生虫によって引き起こされる病気です。 鞭虫症の症状は? 少数 […]
  • 疥癬症疥癬症 疥癬症(かいせんしょう)はヒゼンダニによって起こる皮膚病です。 犬、猫以外にもウサギ、フェレット、ハムスターにも見られます。 疥癬 […]
  • 条虫症条虫症 条虫(じょうちゅう)は犬猫の消化管に見られる寄生虫です。 頭部と長い平らな片節の体部からなっています。片節は便中に排出され、頭部は消 […]
  • ジアルジア症ジアルジア症 犬のジアルジア症は、ジアルジアと呼ばれる原虫が小腸に寄生することで、様々な症状を起こす寄生虫症です。 感染した犬の糞や尿を摂取するこ […]
  • コクシジウム症コクシジウム症 コクシジウムは腸管に寄生する原虫で、水溶性下痢を引き起こすことがあります。コクシジウムは、おもに生まれたばかりの仔犬で問題になります。 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP