ジアルジア症

犬のジアルジア症は、ジアルジアと呼ばれる原虫が小腸に寄生することで、様々な症状を起こす寄生虫症です。

感染した犬の糞や尿を摂取することにより感染します。また、水を介してもうつります。

ジアルジア症の症状は?

主に子犬に寄生すると、下痢や体重の減少、発育不良などを引き起こします。

ジアルジア症は成犬での発症は少なく、幼犬ではおもに水様性および粘液性の下痢が見られ、白または黄土色っぽい脂肪便(脂質を消化吸収できずに排出)のこともあります。

食欲があるにもかかわらず体重が減少していくのが特徴です。多数飼育している場所で、集団感染がしばしば見られます。

ジアルジア症の治療は?

ジアルジアは根絶するのが難しい寄生虫です。いくつかの薬剤に耐性となることがあり、また、宿主のもつ疾病などが虫体の排除を困難にします。

投薬治療では数を減らすことしかできませんが、自身の免疫力があればシスト(虫卵のようなもの)から栄養体(成虫のようなもの)になるのを防ぐことができます。

ジアルジアのシストは環境の影響に対してかなりの抵抗性を示し、犬や人に感染する際少しのシストしか必要としないため、再感染が容易に起こります。

ジアルジア感染症の症例

6カ月 猫

慢性的な下痢

一週間ほど下痢が続いているとのことで来院しました。若齢での下痢は寄生虫感染が起きていることが多いため、まず糞便検査を実施しました。するとジアルジアという原虫が確認されました。

そのため抗原虫薬のメトロニダゾールを二週間継続して投与し、再検査となりました。投薬後一週間ほどで便は硬くなっていったそうです。二週間後の検査では糞便検査で異常は認められず、便の状態も正常に戻っていたので治療は終了となっています。

便の硬さがもどっても、ジアルジアが潜伏していたり、また飼育環境中に存在していたりすることがあります。便が途中でよくなったからといって途中で投薬をやめることがないようにしてください。

02

ジアルジア成虫

関連の記事

  • 糞線虫症糞線虫症 糞線虫の成虫は、約2mm程の細長く白色糸状の形状です。この糞線虫がイヌ、ネコ、サル、ヒトなどの消化管(小腸)に寄生して、下痢など様々な症状 […]
  • シラミの寄生シラミの寄生 シラミが犬や猫の体表に寄生すると、多くの場合とても強い痒みが生じ、しきりに体をかいたり噛んだりするようになります。 このため皮膚にか […]
  • コクシジウム症コクシジウム症 コクシジウムは腸管に寄生する原虫で、水溶性下痢を引き起こすことがあります。コクシジウムは、おもに生まれたばかりの仔犬で問題になります。 […]
  • ツメダニによる皮膚炎ツメダニによる皮膚炎 ツメダニによる皮膚炎は小さなダニがイヌ、ネコ、ウサギ、ヒトの皮膚の表層に寄生して起こります。 感染をうけた動物は背中にふけがたまり、 […]
  • 11毛包虫症 ニキビダニ(毛包虫、アカラスともいう)というダニの一種が、動物の毛包及び皮脂腺に寄生して発症する皮膚病で、ほとんどの哺乳動物にもとから寄生 […]
  • 05マダニ感染症 マダニは、木や草の葉先に生息し、犬がそこを歩いた時に付着してしまいます。 犬の被毛に付着したダニは皮膚の柔らかい部分に口器を差し込ん […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP