リウマチ性関節炎

関節に炎症と腫脹を引き起こす自己免疫性疾患です。

この病気は関節を取り巻く組織に免疫複合体が沈着した結果起こると考えられています。自分自身の細胞(関節の骨膜細胞)を異物としてとらえ、これを排除しようとして炎症反応が起こるのです。

リウマチ性関節炎の症状は?

リウマチ性関節炎の犬はしばしば関節の痛みを伴います。この痛みは肢から肢へ移行する踉行、肢の挙上、歩行あるいは登ることが困難などの症状としてみられることがあります。

手根部(手首)、足根部(足首)、指の関節に最も病変がみられることが多く、異常な熱っぽさあるいは腫脹などの炎症症状がみられます。また持続的な発熱もみられます。

全身症状としては発熱、食欲低下もみられます。

進行性の病気であるため、放置すると関節の変形が進み、痛みも激しくなるため歩行も困難になります。

犬種ではミニチュア・ダックス、シェットランド・シープドック、シー・ズー、マルチーズ、プードル、チワワなどの小型犬でみられることがあります。

リウマチ性関節炎の診断は?

症状に加えて、関節のX線、血液検査、関節から採取された液体の検査が診断の一助になります。

リウマチ性関節炎の治療は?

治療にはまず、非ステロイド系の抗炎症薬が使われ、症状が慢性化してくるとステロイド系の炎症薬が使われます。

また、免疫をおさえてリウマチの炎症をしずめる、抗リウマチ薬という薬もあります。

これらの内科的治療によって関節の痛みを和らげます。

肥満などにより関節への負荷がある場合には、食事管理で適正体重まで減量することも痛みの緩和につながります。

 

01

 

 

関連の記事

  • 前十字靱帯断裂前十字靱帯断裂 靭帯は強い線維組織でできていて2つの骨を連結しています。 膝の上には太ももの大腿骨(太い骨)と膝から下にはすねの脛骨(細い骨)があり […]
  • 11_1脛骨粗面剥骨折 下腿の骨は脛骨と腓骨の2種類があります。その脛骨の正面上部あたりに「脛骨粗面」があります。 大腿四頭筋(太ももの筋肉)の腱が膝蓋骨( […]
  • 股関節形成不全股関節形成不全 股関節形成不全とは太ももも骨と骨盤を結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股関節が不安定な状態になることです。 この病気の犬 […]
  • 骨軟骨症/離断性骨軟骨炎骨軟骨症/離断性骨軟骨炎 骨軟骨症は軟骨内に骨化が発生する全身性の疾患です。関節の軟骨部分の骨化が正常に進まないために生じます。 骨軟骨症が進行して関節軟骨や […]
  • 臍ヘルニア臍ヘルニア 臍ヘルニアとはへその所で腹腔内内容物が皮下に脱出することです。 俗にいわれる「でべそ」とは臍ヘルニアであることも多くあります。 […]
  • 膝蓋骨内方脱臼膝蓋骨内方脱臼 小型犬の代表的な関節疾患で歩行障害や痛みを引き起こします。 膝蓋骨脱臼は全ての犬種で発生しますが、一般的には内方脱臼は小型犬に、外方 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP