乾性角結膜炎(ドライアイ)

角膜とは眼球の前面にある透明な部分、結膜とは眼球の白目とまぶたの内側の粘膜部分のことをいいます。

乾性角結膜炎の原因は?

乾性角結膜炎(かんせいかくけつまくえん)は涙の量もしくは質(涙に含まれる成分の量)の低下によって引き起こされる角膜の障害で、ドライアイとも呼ばれています。

目の表面の涙は水分だけではなく、他に油成分、粘液成分で構成されており、油は涙の上に油膜を作り涙の蒸発を防ぐ役割、粘液は涙の表面張力を強めて涙を目に留め、こぼれ落ちるのを防ぐ役割があります。

水分は上まぶたの涙腺や瞬膜の瞬膜線、油成分はまぶたにあるマイボーム腺、粘液は結膜から分泌されます。

乾性角結膜炎の原因として、これらの分泌器官の先天性の低形成、免疫反応性の萎縮、神経性による疼痛低下、機能異常などが挙げられます。

乾性角結膜炎は、もともと目が飛び出ている犬種(シーズー、チワワ、パグ、F・ブルドック)に多くみられます。

乾性角結膜炎の症状は?

乾性角結膜炎の症状として、白目の充血、目をしょぼしょぼする、目を閉じている、目ヤニが多い、目やその周りをかくというのがみられます。

慢性化すると角膜が白く濁り、最終的には色素が沈着して黒くなり失明の危険性もあります。

乾性角結膜炎の基本的な治療として、涙に代わって目の表面の乾きを補うために入口涙液などの目薬の長期の頻回投与が必要となります。

しかしこれは根本的な原因の治療にはならないので、いったん状態が落ち着いても再発してしまう可能性があるため、根気強く付き合っていかねばならない病気です。

 

03

関連の記事

  • 白内障白内障 白内障とは水晶体が濁ってしまう病気のことです。 水晶体というのは黒目(虹彩)の瞳孔の奥にあり、カメラのレンズのようなピント調節機能を […]
  • ブドウ膜炎ブドウ膜炎 ブドウ膜とは虹彩、毛様体、脈絡膜から構成され、これらに炎症が起こることをブドウ膜炎といいます。眼球の前方に位置する虹彩と毛様体を前ブドウ膜 […]
  • マイボーム腺腫(霰粒腫・さんりゅうしゅ)マイボーム腺腫(霰粒腫・さんりゅうしゅ) マイボーム腺とは、上まぶたのふちにある皮脂腺のことです。 マイボーム腺腫とは? マイボーム腺は油分を分泌し、まぶたの開閉の滑りをよくし […]
  • 緑内障緑内障 緑内障(りょくないしよう)とは、眼球内庄の上昇によって光を感じる網膜の神経障害を起こす病気です。犬と猫における失明の原因として最も多いもの […]
  • 結膜炎結膜炎 結膜とは眼球の白目の部分とまぶたの内側の粘膜部分のことをいい、この部分に炎症が起こることを結膜炎といいます。 結膜炎の原因は? 原因と […]
  • C131222潰瘍性角膜炎 角膜とは眼球の前面にある透明な部分のことです。 これは厚さが1mm以下で、いくつもの層(上皮、実質、デスメ膜、内皮)から成り立ってい […]
公開日:2014/10/23
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP