会陰ヘルニア

犬の会陰ヘルニアとは、お尻部分を覆っている骨盤隔膜という膜に異常があり、骨盤内の臓器(直腸、膀胱、脂肪など)が外側に飛び出してしまった状態をいいます。

会陰ヘルニアの症状は?

通常肛門周りの会陰(えいん)部はむっちりした臀部の筋肉、大腿部の筋肉と筋膜で覆われていますが、会陰ヘルニアになると肛門周囲がぽっこりと膨らみます。

できてしまったヘルニア孔に直腸が入りこみ、その憩室に便が溜まると排便障害がおきます。まれに膀胱が入り込んだ場合には、排尿障害が起こります。

最近便が細い、便が出にくそう、肛門の横が腫れているといった症状が代表的です。

会陰ヘルニアの原因は?

会陰を構成する筋肉群が脆弱になり、委縮してくると起こりやすくなります。この脆弱化には男性ホルモンによる影響や、筋力低下を引き起こす病気、加齢などが関係していると考えられています。

5歳以降の未去勢のオス犬に多く見られます。よく吠えたりする犬、前立腺肥大で使を排出しづらくなった犬がりきむことによって、なりやすいようです。

発症しやすい犬種としてはボストンテリア、コリー、ボクサー、ペキニーズなどが報告されています

会陰ヘルニアの治療は?

治療にはヘルニア部にはみ出している臓器を元の位置に整復して固定し、筋肉の間に開いてしまった隙間をふさぐ手術を行います。

また、再発予防のために同時に去勢手術を行います。それでも会陰ヘルニアは手術後再発率が高く、特に片側の会陰ヘルニアの修復手術をした場合に反対側に再度起こることが多くあるとされています。

予防のためにも早めに去勢手術を行い、無駄吠えをさせないようにしつけをすることが大切です。

C105843

 

関連の記事

  • 椎間板脊椎炎椎間板脊椎炎 椎間板脊椎炎(ついかんばんせきついえん)とは1つ以上の脊柱の骨とそれをつないでいる椎間板が感染をおこしたものです。 椎間板脊椎炎の原因は […]
  • 11_1脛骨粗面剥骨折 下腿の骨は脛骨と腓骨の2種類があります。その脛骨の正面上部あたりに「脛骨粗面」があります。 大腿四頭筋(太ももの筋肉)の腱が膝蓋骨( […]
  • リウマチ性関節炎リウマチ性関節炎 関節に炎症と腫脹を引き起こす自己免疫性疾患です。 この病気は関節を取り巻く組織に免疫複合体が沈着した結果起こると考えられています。自 […]
  • 変形性関節症変形性関節症 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは、関節のクッションである軟骨がすり減ったりすることで、関節に炎症が起きたり、関節が変形したり […]
  • 股関節形成不全股関節形成不全 股関節形成不全とは太ももも骨と骨盤を結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股関節が不安定な状態になることです。 この病気の犬 […]
  • 横隔膜ヘルニア横隔膜ヘルニア 横隔膜(おうかくまく)は体内で胸部と腹部を分けている筋肉性の膜です。 これに生まれつき穴があいていたり、体に強い打撲を受けてそれが破 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP