停留睾丸(停留精巣)

雄の胎仔の発育過程で睾丸(精巣)は胎仔の腹腔内にあるのですが、それは鼠径管(ソケイカン)と呼ばれる腹壁の開口部を通り抜けて陰嚢の中に降りてきます。

正常では、両側の睾丸は産まれる時、または産まれて間もなく陰嚢の中に下降します。時には5~6ヵ月齢まで下降が完了しないこともあります。

精巣は性ホルモンを分泌し、性成熟期になると精子をつくる生殖器官です。

通常、陰嚢は腹腔より温度が2~3度低くなっていて精巣を冷やす役割を果たしています。しかし体内に留まると、精巣が体温と同じ状態に温められて精子をつくることができなくなり、また性ホルモンの分泌も不十分で、性成熟しにくくなります。

もし片方の精巣が体内に留まり、もう片方が陰嚢内に納まっていても、単純に考えて、生殖機能も性ホルモンも半減していることになります。

停留睾丸(停留精巣)の問題とは?

停留睾丸(ていりゅうこうがん)の問題は、生殖機能の不全ばかりではありません。

精巣が体内に留まり正常に発達できないと、年をとるにつれて腫瘍になる確率が非常に高くなります。精巣腫瘍は転移しやすく、周辺のリンパ節に転移すれば、尿管や腸管を圧迫して排尿、排便がスムーズにいかなくなることもあります。

もちろん、陰義内に精巣が納まっていても腫瘍になることはありますが、その確率は停留睾丸よりもずっと低いです。

しかもその場合、精巣が腫瘍化して大きくなれば(もう一方の精巣が委縮することが多い)、目視や触診ですぐに発見して治療できます。

ところが体内、特に腹腔内にあれば、早期に発見することが難しく、手遅れになりかねません。そうなる前に体力のある若い時に摘出手術を行うことをお勧めします。

停留睾丸は小型犬やトイ種でよく見られます。

停留睾丸の症例

生後3カ月のチワワがワクチン接種で来院し、健康診断を行うと片側の精巣が降りていませんでした。

その後も狂犬病ワクチンやお手入れ、フィラリア予防などで定期的にご来院頂き、精巣が降りているかの定期チェックを行いましたが、片側の精巣は1歳を迎えてもお腹の中に留まったまま、降りてきませんでした。

今後の精巣の腫瘍化のリスクなども考え、通常の去勢手術と一緒に片側の腹腔停留睾丸摘出の手術を行いました。

 

 

07

 

関連の記事

  • 膣炎膣炎 雌の外陰部である膣内に炎症が起こる病気です。 膣炎の症状は 膣炎が重症でなければ全身症状はあまり無く、頻繁に外陰部やお尻を舐めたり、膣 […]
  • 膣脱・子宮脱膣脱・子宮脱 膣脱(ちつだつ) 膣脱とは、膣の内側の壁が外部に出てきてしまう病気で、難産や過度の陣痛、便秘によるいきみなどで起こりやすくなります。 […]
  • 前立腺肥大前立腺肥大 前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)は前立腺が腫れて炎症になった症状で原因によって何種類かに分類されます。 前立腺襄胞、良性前立腺過形成 […]
  • 犬の出産(産後のケア)犬の出産(産後のケア) 仔犬のケア 温めてあげる 冷え込んで死んでしまうこともあるため、室温は少なくとも21℃にはしてあげましよう。 初乳を飲ませる […]
  • 犬の出産(自宅での自然分娩)犬の出産(自宅での自然分娩) 出産の準備 出産予定日が近づいたら母犬が落ち着いて出産できるような産室(箱)を用意して下さい。 産室を静かな場所に置き、母犬をひと […]
  • 03子宮疾患 子宮内膜炎 子宮の内膜が感染したために起こる炎症で、一般に何ら病的な症状は示しませんが、不妊症の原因となります。 この病気にかかっ […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP