偽妊娠

偽妊娠(ぎにんしん)は、妊娠したのと同様の体や行動の変化が起こる状態です。

体や行動の変化は個体差がありますが、主には乳腺が腫れたり、お乳が出始めたりなどがみられます。また、押し入れや人の目が届かないところに巣づくりをする行動が見られることもあります。

犬の発情とは

犬の発情は次の3段階を繰り返しています。

  1. 発情前期 :生理が始まってから10日程。排卵の準備期間。
  2. 発情期 :発情前期後の7~10日程。男の子を受け入れる準備が整います。
  3. 発情後期(無発情期) :発情期が過ぎ、妊娠した場合には『妊娠期』、妊娠していない場合には『無発情期』に移行します。犬の発情周期は約6カ月サイクルですが、そのうちの4カ月近くが発情後期です。

偽妊娠の原因は?

原因は「プロラクチン」と呼ばれる性ホルモンの分泌によるものです。

妊娠していないにもかかわらず妊娠の兆候が見られるのは、犬の妊娠時に分泌される性ホルモンのメカニズムに原因があります。

発情期には黄体ホルモンやプロラクチン、エストロゲン、プロゲステロンなどの分泌が顕著になり、血漿プロゲステロン濃度が高まります。これらのホルモンが活性化することで、受精卵が着床する条件を整えていきます。

妊娠するとプロゲステロンという妊娠維持に必要な女性ホルモンが分泌されます。メス犬の場合、妊娠していなくてもこのプロゲステロンが活発に分泌されることがあります。

そして、プロゲステロンの分泌が低下したころに、プロラクチンという乳線を刺激するホルモンの分泌が活発になり、その影響で体や行動に変化が起こります。

そのため偽妊娠の多くは発情後4~6週にみられます。

偽妊娠の治療は?

発情期が過ぎれば自然と行動は元に戻りますが、繰り返しの偽妊娠は犬の体に大きな負担をかけますし、子宮や卵巣・乳腺の病気(乳腺炎)を発症する確立が高くなる傾向があります。

どうしても子犬が欲しいのでなければ、病気予防も兼ねて避妊手術をお勧めします。

 

02

 

関連の記事

  • 膣炎膣炎 雌の外陰部である膣内に炎症が起こる病気です。 膣炎の症状は 膣炎が重症でなければ全身症状はあまり無く、頻繁に外陰部やお尻を舐めたり、膣 […]
  • 前立腺肥大前立腺肥大 前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)は前立腺が腫れて炎症になった症状で原因によって何種類かに分類されます。 前立腺襄胞、良性前立腺過形成 […]
  • 停留睾丸(停留精巣)停留睾丸(停留精巣) 雄の胎仔の発育過程で睾丸(精巣)は胎仔の腹腔内にあるのですが、それは鼠径管(ソケイカン)と呼ばれる腹壁の開口部を通り抜けて陰嚢の中に降りて […]
  • 犬の出産(産後のケア)犬の出産(産後のケア) 仔犬のケア 温めてあげる 冷え込んで死んでしまうこともあるため、室温は少なくとも21℃にはしてあげましよう。 初乳を飲ませる […]
  • 犬の出産(自宅での自然分娩)犬の出産(自宅での自然分娩) 出産の準備 出産予定日が近づいたら母犬が落ち着いて出産できるような産室(箱)を用意して下さい。 産室を静かな場所に置き、母犬をひと […]
  • 03子宮疾患 子宮内膜炎 子宮の内膜が感染したために起こる炎症で、一般に何ら病的な症状は示しませんが、不妊症の原因となります。 この病気にかかっ […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP