唾液腺嚢腫

唾液腺とは唾液を分泌する器官ですが、犬には、耳下腺、下顎腺、舌下腺、頬骨腺の4つの唾液腺があります。

唾液腺嚢腫の原因は?

唾液腺嚢腫(だえきせんのうしゅ)とは、唾液腺や唾液管が損傷を受けたり閉塞してしまった結果、他の組織に唾液が漏れて溜まってしまう病気で、犬では舌下腺と下顎腺での発生が多いといわれています。

嚢胞ができた部位に唾液が溜まるため、一般に無痛性の大きな腫脹が顎や舌、ときには咽頭部に認められます。

咽頭部に限局する場合はしばしば吐気呼吸困難を起こします。腫瘤が外傷を受けると出血したり、不快感から食欲不振となることがあります。

唾液腺嚢腫の治療は?

治療はほとんどの場合、たまってしまった場所(嚢胞)を手術で外科的に摘出することが一般的ですが、唾液腺を一緒に摘出する場合もあります。

頚部には多くの神経が走っており、また気管に近いところなので、手術にはリスクが伴います。

 

08_1

08_2

 

関連の記事

  • 胆泥症・胆石症胆泥症・胆石症 胆泥症とは胆嚢内に胆汁成分が変質して泥状になったものがたまること、胆石症とは結晶化したものがたまることをいいます。 胆泥症・胆石症とは? […]
  • 猫の口内炎猫の口内炎 猫の口内炎は難治性のことが多く、慢性歯肉口内炎と呼ばれます。 この病気は若い年齢(3~4歳頃)で発症してしまうことが多いのも特徴で、 […]
  • 胃拡張・胃捻転胃拡張・胃捻転 胃拡張・胃捻転(いかくちょう・いねんてん)とは、なんらかの原因で食後の胃内にガスが大量発生し、ガスでパンパンになった胃袋が捻転をおこしてし […]
  • 11膵炎 膵臓は消化酵素を分泌し、それを消化管へと送り出して消化を助けるという役割を担っています。 膵酵素は非常に強力であるため膵臓自体を消化 […]
  • 胃腸内異物胃腸内異物 異物(おもちゃ、ひも、ボール、串、植物の種など)を飲みこむケースは大変多いです。胃内にそれらがとどまってしいおることもあれば時問が経過して […]
  • 炎症性腸疾患炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)は、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする原因不明の慢性消化器疾患です。 炎症性腸疾患とは? […]
公開日:2014/10/23
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP