回虫症

回虫は、ミミズを白くしたような、長さが7~15cmぐらいの虫です。

糞便中に排出された虫の卵は、外界で発育して成熟卵となり、犬が口から食べ物などといっしょに飲み込むことによって感染します。この成熟卵が小腸でふ化して子虫となっていきます。

なお、妊娠している犬が感染していると、体内を移動している子虫が、母犬の胎盤を通して胎児の腸管に移動します。これによって、生まれてくる子犬が感染します。また、犬小回虫という種類もいますが、回虫よりは短い寄生虫で殆んど見分けはつきません。

口から感染した犬回虫卵は、腸内で子虫となり体内を移行し、最終的には腸に寄生するようになります。

成犬ではあまり寄生がみられないのは、免疫ができていると言われているからです。犬小回虫卵は子虫になっても体内の他の部位に移動せず、腸内で成長しますので成犬でも寄生しています。

犬回虫は子犬が母犬の胎内に居る時に胎盤を通して感染しますから、新生子ですでに回虫が寄生していることも多いようです。

回虫症の症状・治療は?

子犬の症状として、腹部の膨満、貧血・嘔吐、下痢を起こします。多数寄生していると腸閉塞やけいれん、麻痺などの神経症状が認められます。

治療は駆虫薬を投与しますが、体内移行中のものには効果のない薬もありますので、1回だけでなく、2~3週間後に再検査し、必要なら2回目の投与をします。

回虫症の症例

6カ月 チワワ

主訴:ペットショップから購入して一週間下痢をしている。今日になって嘔吐も二回した。

 

身体検査上は体格は正常、衰弱もしておりませんでした。

糞便検査を行ったところ、便中に回虫の子虫が検出されました。そのため駆虫薬を院内にて内服してもらい、一週間後に再検査となりました。一週間後には下痢は完全におさまり、回虫も陰性でした。

 

新しく家に迎え入れたばかりの子は寄生虫を持っていることも多いため、必ず便検査を行いましょう。一度の検査だけでは見つからないこともあるので複数回検査を行うことをお勧めします。

06a

犬回虫 成虫

06b

犬回虫 虫卵

関連の記事

  • 11毛包虫症 ニキビダニ(毛包虫、アカラスともいう)というダニの一種が、動物の毛包及び皮脂腺に寄生して発症する皮膚病で、ほとんどの哺乳動物にもとから寄生 […]
  • 疥癬症疥癬症 疥癬症(かいせんしょう)はヒゼンダニによって起こる皮膚病です。 犬、猫以外にもウサギ、フェレット、ハムスターにも見られます。 疥癬 […]
  • 糞線虫症糞線虫症 糞線虫の成虫は、約2mm程の細長く白色糸状の形状です。この糞線虫がイヌ、ネコ、サル、ヒトなどの消化管(小腸)に寄生して、下痢など様々な症状 […]
  • 鞭虫症鞭虫症 犬鞭虫という5~7cmほどの白く細い「鞭(むち)」のように見える吸血性の寄生虫によって引き起こされる病気です。 鞭虫症の症状は? 少数 […]
  • 鉤虫症鉤虫症 鉤虫(こうちゅう)は比較的多い犬猫の消化管寄生虫です。成虫は小腸に寄生し、卵は糞便に排泄されます。診断は顕微鏡での糞便検査による虫卵の確認 […]
  • 条虫症条虫症 条虫(じょうちゅう)は犬猫の消化管に見られる寄生虫です。 頭部と長い平らな片節の体部からなっています。片節は便中に排出され、頭部は消 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP