巨大食道症

食道はロから胃まで食物を運ぶ器官ですが、「巨大食道症(きょだいしょくどうしょう)」はこの食道が拡張し、食道の運動が低下するために、食べ物を胃に送り込めなくなり、食べ物を食べた後すぐに吐くといった症状を引き起こす病気です。

口から入った食べ物は蠕動(ぜんどう)運動という収縮運動によって胃まで運ばれます。

人は2足歩行のため食道は垂直な状態ですが、4本足である犬の食道は通常水平な状態です。

もし食道がだらんと伸びきってしまうと、食べ物は胃まで運ばれずに途中に溜まってしまいます。

巨大食道症の症状は?

嘔吐が主な症状ですが、胃の中に入っているものを吐くよりも、食べてすぐ、噴き出すように吐くのが特徴です。

食べても食べても吐いてしまうため、体はどんどん衰弱して痩せていってしまいます。また、吐いた食物が気管から鼻や肺に入ると「鼻炎」や「肺炎」を起こし、発熱や咳、呼吸困難などの症状がみられ、死に至ることもあります。

その他、食道の炎症を起こし、食欲不振やよだれなどの症状がみられることもあります。食道の拡張がごく軽い場合には、目立った症状が現れないこともあります。

通常のレントゲンではわかりづらいことも多く、バリウム造影のレントゲンで拡張した食道を確認して診断します。

巨大食道症の原因は?

生まれつき(先天性)の原因と、何らかの病気や事故が原因の場合(後天性)の場合があります。

先天性の場合、多くは食道の神経や筋肉などに異常があるようですが、詳しい原因はまだ分かっていません。

誕生と同時に無くなるはずの血管が食道の根元を囲むように残ってしまい(右大動脈弓遺残症)、その部分をうまく食べ物が通過できずに溜まってしまうことが原因になることもあります。

後天性の場合は、ホルモンの異常、怪我や病気などによる筋肉や神経の異常、重症筋無力症、腫瘍などが考えられます。

好発犬種は肺ダックスやシュナウザー、コーギー、シェパードなどです。

巨大食道症の治療は?

軽症でホルモン異常や右大動脈弓遺残症などの物理的な原因が疑われる場合には、その原因を取り除くための治療を行うことで改善されることもあります。

しかし一度拡張した食道が元に戻ることは難しく、毎回の食餌中と食後しばらくは食道を垂直にして胃に流し込みやすくするような姿勢を維持するケアが必要になります。

 

05

 

関連の記事

  • 胃拡張・胃捻転胃拡張・胃捻転 胃拡張・胃捻転(いかくちょう・いねんてん)とは、なんらかの原因で食後の胃内にガスが大量発生し、ガスでパンパンになった胃袋が捻転をおこしてし […]
  • 口蓋裂口蓋裂 口蓋裂(こうがいれつ)とは生まれついての先天性の形態異常で、遺伝的欠陥です。上顎に裂け目があって食餌をとる時に液体や個形の食物が入ります。 […]
  • 膵外分泌不全膵外分泌不全 膵臓の機能は外分泌機能と内分泌機能に分けられ、それぞれ下記のような働きをします。 外分泌機能:タンパク質や脂肪、炭水化物を分解する消 […]
  • 炎症性腸疾患炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)は、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする原因不明の慢性消化器疾患です。 炎症性腸疾患とは? […]
  • 肛門嚢炎・肛門周囲瘻肛門嚢炎・肛門周囲瘻 肛門の左右、時計で考えると4時と8時の方向には肛門嚢(腺)という袋が一対あります。その中に悪臭のある貯留物(液体もしくはペースト状)が入っ […]
  • 胃腸内異物胃腸内異物 異物(おもちゃ、ひも、ボール、串、植物の種など)を飲みこむケースは大変多いです。胃内にそれらがとどまってしいおることもあれば時問が経過して […]
公開日:2014/10/23
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP