拡張型心筋症

左右の心室壁が菲薄し心臓が大きく拡張し、血液を十分に拍出できなくなりポンプとしての力が弱くなる病気です。

拡張型心筋症の原因は?

原因は不明で大型犬に多く起こります。

好発犬種としては、セント・バーナード、ドーベルマン・ピンシャー、グレート・デーンなど15kg以上の大型犬に多いと報告されています。

心室収縮力の低下、また心室内腔の拡大は両室の房室弁の閉鎖が完全ではなくなり、僧帽弁閉鎖不全症・三尖弁閉鎖不全症が起こり、これがうっ血性心不全の原因となります。

拡張型心筋症の症状

症状は衰弱、元気消失、呼吸促拍または呼吸困難、運動不耐性、発咳、食欲不振、腹水、失神などです。しかしながら臨床兆候は急速に進行するようで、活動性の低い犬では初期症状が見つかりにくく、うっ血性心不全の症状を呈する前に突然死することは比較的よくあります。

拡張型心筋症の診断

診断はレントゲン検査で心拡大や肺水腫を検出します。心エコー検査により心室壁の収縮力、心筋の菲薄化、僧帽弁逆流などの合併症などを確認します。不整脈を伴うこともあるため治療はうっ血性心不全に対する内科療法(強心剤、利尿剤、ACE阻害薬など)を行います。

拡張型心筋症の予後はよくありません。うっ血性心不全の症状が現れた場合は3カ月以内に亡くなることが多いとされています。治療への反応が良い場合は25~30%が半年以上生存します。

好発犬種では定期的に病院で検診を受け、心機能に異常がないかどうか調べていくことが重要です。

C160405

関連の記事

  • 肥大型心筋症肥大型心筋症 肥大型心筋症は主に猫に起こり易く心筋の厚さが増すことで、心臓が拡張しにくくなったり血流障害が起きたりする病気です。 肥大型心筋症の原因は […]
  • 心臓の構造と機能心臓の構造と機能 心臓は血液を全身に流すためのポンプの役割をします。 心臓自身が収縮したり拡張したりすることによって全身からの二酸化炭素と結びついた血 […]
  • 三尖弁閉鎖不全症三尖弁閉鎖不全症 三尖弁は心臓の右心房と右心室の間に位置する二枚の薄い弁で心臓が収縮した際に、心房と心室を閉鎖し右心房への血流の逆流を防ぐ役割をしています。 […]
  • フィラリア症フィラリア症 フィラリア症は、蚊が媒介するフィラリア(犬糸状虫、犬心臓糸状虫)という寄生虫の成虫が、動物の肺動脈や心臓に寄生して起こる病気です。 […]
  • 心タンポナーデ心タンポナーデ 心臓は胸腔内(肋骨に囲まれた中)にあり、さらに袋に入っています。 その袋と心臓の間は若干の水が存在しますが、病気になると、この水が大 […]
  • 僧帽弁閉鎖不全症僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁は心臓の左側、左心房・左心室の間にある弁で、左心房と左心室の血液を一定方向に流れるようにするためのものです。 肺から左心房に戻 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP