椎間板脊椎炎

椎間板脊椎炎(ついかんばんせきついえん)とは1つ以上の脊柱の骨とそれをつないでいる椎間板感染をおこしたものです。

椎間板脊椎炎の原因は?

この感染は貫通創や脊椎周囲の感染がもとになりますが発生機序は不明なことが多く、膀胱炎や歯周炎などからの血中への細菌感染体内を移動する植物のたね(のぎ)や他の異物が入ったことにより引き起こされると推察されています。

雌は雄の2倍発生が多いといわれています。

椎間板脊椎炎の症状は?

脊椎の骨や椎間板に感染が起こると痛みを伴い、脊髄に炎症を引き起こすようになります。症状は感染の程度や部位によって変化します。

また状態が悪化すると椎体の病的骨折や椎間板ヘルニアを併発することもあります。

神経学的症状は脊髄への圧迫あるいはまれに脊髄への感染の拡大により発生することがあります。

椎間板脊椎炎の診断は?

レントゲン検査において確認します。しかし初期にはレントゲンで確認できないこともあり、CTMRI検査が必要になることもあります。

椎間板脊椎炎の治療は?

治療は基本的には内科療法です。症状は適切な抗生物質の使用により消失しますが、治療は少なくとも2ヶ月程度は継続しなくてはいけません。

 

07

 

関連の記事

  • 鼠径ヘルニア鼠径ヘルニア 動物の内臓は、通常は腹壁に守られて、あるべき位置にとどまっています。 しかし腹部に腹壁が完全にくっつき合っていない部分があると、その […]
  • 11_1脛骨粗面剥骨折 下腿の骨は脛骨と腓骨の2種類があります。その脛骨の正面上部あたりに「脛骨粗面」があります。 大腿四頭筋(太ももの筋肉)の腱が膝蓋骨( […]
  • 会陰ヘルニア会陰ヘルニア 犬の会陰ヘルニアとは、お尻部分を覆っている骨盤隔膜という膜に異常があり、骨盤内の臓器(直腸、膀胱、脂肪など)が外側に飛び出してしまった状態 […]
  • 変形性関節症変形性関節症 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは、関節のクッションである軟骨がすり減ったりすることで、関節に炎症が起きたり、関節が変形したり […]
  • リウマチ性関節炎リウマチ性関節炎 関節に炎症と腫脹を引き起こす自己免疫性疾患です。 この病気は関節を取り巻く組織に免疫複合体が沈着した結果起こると考えられています。自 […]
  • 横隔膜ヘルニア横隔膜ヘルニア 横隔膜(おうかくまく)は体内で胸部と腹部を分けている筋肉性の膜です。 これに生まれつき穴があいていたり、体に強い打撲を受けてそれが破 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP