橈尺骨骨折

橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の骨折は前肢への外傷の結果として生じます。

骨をおおう組織が少ないために開放性の骨折(骨の上の皮膚を貫通する創傷)が生じることがあります。骨幹の骨折が最も多く、通常、橈骨と尺骨両方の骨が侵されます。

すべての年齢、品種、性の犬に骨折は起こります。若い動物の方が事故を起こすことが多くなります。骨と組織の障害範囲を調べるには骨折した橈骨と尺骨の前後方向と側面方向のX線写真が必要です。

橈尺骨骨折の治療は?

骨折に対する処置には基本原則があり、それは単純骨折でも複雑骨折でも同じです。

  • 骨折の整復 :骨折の断端同士をあわせます。
  • 骨折の固定 :折れた骨を正しい位置に固定します。
  • 肢の固定 :骨折が治癒するまでの間その肢を動かさないようにします。

包帯による固定は、応急処置や手術前の仮の固定などに用いられます。

手術によって骨を直接つないで固定する方法(内固定法)には、骨髄の中にピンを入れる方法、ワイヤーを骨に巻きつける方法、特殊な金属板とネジを用いる方法などがあります。内固定法の長所は骨折がきれいに治癒すること、関節の機能をさまたげずに固定するため、関節の機能の回復が早いことなどです。

1kg台の小型犬では骨が細く、骨に栄養を与える血管も少ないため、骨折が治癒しにくく、再骨折の危険性も高くなります。

 

髄内ピンによる固定

10
※回復するまでは運動を厳しく制限してください。
うまく骨折が治るには自宅での看護がとても大切です。十分気をつけてください。

関連の記事

  • 臍ヘルニア臍ヘルニア 臍ヘルニアとはへその所で腹腔内内容物が皮下に脱出することです。 俗にいわれる「でべそ」とは臍ヘルニアであることも多くあります。 […]
  • 前十字靱帯断裂前十字靱帯断裂 靭帯は強い線維組織でできていて2つの骨を連結しています。 膝の上には太ももの大腿骨(太い骨)と膝から下にはすねの脛骨(細い骨)があり […]
  • 11_1脛骨粗面剥骨折 下腿の骨は脛骨と腓骨の2種類があります。その脛骨の正面上部あたりに「脛骨粗面」があります。 大腿四頭筋(太ももの筋肉)の腱が膝蓋骨( […]
  • 膝蓋骨内方脱臼膝蓋骨内方脱臼 小型犬の代表的な関節疾患で歩行障害や痛みを引き起こします。 膝蓋骨脱臼は全ての犬種で発生しますが、一般的には内方脱臼は小型犬に、外方 […]
  • 骨軟骨症/離断性骨軟骨炎骨軟骨症/離断性骨軟骨炎 骨軟骨症は軟骨内に骨化が発生する全身性の疾患です。関節の軟骨部分の骨化が正常に進まないために生じます。 骨軟骨症が進行して関節軟骨や […]
  • 股関節形成不全股関節形成不全 股関節形成不全とは太ももも骨と骨盤を結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股関節が不安定な状態になることです。 この病気の犬 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP