歯根膿瘍

歯根膿瘍(しこんのうよう)とは、歯周病によって歯の周りに炎症がおこり、歯の根元に化膿した膿がたまることです。

歯根膿瘍の症状は?

歯根膿瘍になると激しく痛むため、固いご飯は噛めなくなり、食欲が低下します。口臭が強くなり、よだれも多くなります。そのうち発熱して鼻から血や膿が出てくる場合もあります。

膿のポケットは、歯根やそのすぐ下に形成されますが、犬歯と上顎の前臼歯は、もっとも発症しやすい歯です。

腫瘤が上顎の第3前臼歯に形成されると、まず目の下に特有な腫れを起こし、やがて皮膚表面を突き破って破裂します。多くの場合、朧と血液の流出によって、腫れによる痛みが軽くなります。

歯根膿瘍の原因は?

歯が折れたり歯の表面に生じたキズからの細菌感染、歯石の付着などによる歯周炎から歯周ポケットを介して歯根部への細菌感染が進行したりすると、そこに膿がたまって歯根膿瘍になります。

歯根膿瘍の治療は?

治療には抜歯をし、歯の表面の歯石をとり、クリーニングした上で必要に応じて抗生物質を使用します。抜歯をしても犬の生活に支障はきたしませんので、歯根に炎症の起こっている歯は抜くべきです。

予防には、歯周病の進行を防ぐために歯磨きと歯石除去が効果的で重要です。

歯ブラシに抵抗を感じてなかなか歯磨きをさせてくれない犬も少なくないと思いますが、歯ブラシではなくスキンシップをとり安心をさせてあげてから、まずは指を入れたりして少しずつ抵抗を感じないようにしましょう。

様子をみながら何度か指を入れ、少しずつ入れる時間を延ばしていきます。

また、歯みがきでは落としきれない歯石除去の手術を一年に一回は行うことをお勧めします。

歯の破損を予防するためには硬いおもちゃやおやつは与えないようにすることです。激しく布やロープを引っ張りあう遊びも、歯に極端な刺激を加えて細菌の侵入を引き起こす原因にもなります。

またケージバイト(ケージの網目をガジガジと噛む現象)も破損の原因になりますので、普段からそのような行為をさせないように気をつけましょう。

C145432

 

関連の記事

  • 胆泥症・胆石症胆泥症・胆石症 胆泥症とは胆嚢内に胆汁成分が変質して泥状になったものがたまること、胆石症とは結晶化したものがたまることをいいます。 胆泥症・胆石症とは? […]
  • 猫の口内炎猫の口内炎 猫の口内炎は難治性のことが多く、慢性歯肉口内炎と呼ばれます。 この病気は若い年齢(3~4歳頃)で発症してしまうことが多いのも特徴で、 […]
  • 胃拡張・胃捻転胃拡張・胃捻転 胃拡張・胃捻転(いかくちょう・いねんてん)とは、なんらかの原因で食後の胃内にガスが大量発生し、ガスでパンパンになった胃袋が捻転をおこしてし […]
  • 11膵炎 膵臓は消化酵素を分泌し、それを消化管へと送り出して消化を助けるという役割を担っています。 膵酵素は非常に強力であるため膵臓自体を消化 […]
  • 胃腸内異物胃腸内異物 異物(おもちゃ、ひも、ボール、串、植物の種など)を飲みこむケースは大変多いです。胃内にそれらがとどまってしいおることもあれば時問が経過して […]
  • 炎症性腸疾患炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)は、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする原因不明の慢性消化器疾患です。 炎症性腸疾患とは? […]
公開日:2014/10/23
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP