毛包虫症

ニキビダニ(毛包虫、アカラスともいう)というダニの一種が、動物の毛包及び皮脂腺に寄生して発症する皮膚病で、ほとんどの哺乳動物にもとから寄生しています。

ニキビダニは、卵からかえって、幼虫、若虫、成虫へと成長しますが、全生涯を寄生した宿主の皮膚で過ごします。

ニキビダニは通常、健康な動物の皮膚にもごく少数は存在しますが、宿主の抵抗力が低下すると著しく増加し、毛包虫症が発症すると考えられています。

感染は直接接触、特に哺乳時における母親から子供への感染が主要経路であると考えられています。

毛包虫症の症状は?

犬の場合、無症状のまま経過することも多いのですが、何かしらの原因となる疾患の為、多数寄生すると、脱毛したり、皮膚がはがれ落ちたり、あるいは細菌の二次感染を受けて皮膚に化膿を起こします。

免疫カの安定しない幼犬や老犬に発症しやすいです。

コリー、スコッチ・テリア、コッカースパニエル、ダックスフンドなどの犬種や、長毛種よりパグなどの短毛種に寄生が多く、また色の着いた犬に多く見られます。

症状は初め、眼や口の周り、前後の足先に多く見られ、やがて全身性に広がっていく傾向にあります。

症状には、皮膚がはがれ落ち、脱毛が広がっていくような経過をとる乾燥型と、細菌の二次感染を受け、化騰してジュクジュクになる湿潤型があり、湿潤型の方が重症であることが多いです。

一般に、ニキビダニだけが感染した場合はかゆみや痛みはほとんどありませんが、細菌やほかの寄生虫の感染が合併するとかゆみが激しくなります。

猫にもまれに発症し、ポチッとしたできものが見られますが、全身性にはなりません。

基礎疾患が根底にあることが多いので全身性の毛包中症の治療は大変困難です。

11
毛胞虫

関連の記事

  • 条虫症条虫症 条虫(じょうちゅう)は犬猫の消化管に見られる寄生虫です。 頭部と長い平らな片節の体部からなっています。片節は便中に排出され、頭部は消 […]
  • ジアルジア症ジアルジア症 犬のジアルジア症は、ジアルジアと呼ばれる原虫が小腸に寄生することで、様々な症状を起こす寄生虫症です。 感染した犬の糞や尿を摂取するこ […]
  • コクシジウム症コクシジウム症 コクシジウムは腸管に寄生する原虫で、水溶性下痢を引き起こすことがあります。コクシジウムは、おもに生まれたばかりの仔犬で問題になります。 […]
  • シラミの寄生シラミの寄生 シラミが犬や猫の体表に寄生すると、多くの場合とても強い痒みが生じ、しきりに体をかいたり噛んだりするようになります。 このため皮膚にか […]
  • 鞭虫症鞭虫症 犬鞭虫という5~7cmほどの白く細い「鞭(むち)」のように見える吸血性の寄生虫によって引き起こされる病気です。 鞭虫症の症状は? 少数 […]
  • ツメダニによる皮膚炎ツメダニによる皮膚炎 ツメダニによる皮膚炎は小さなダニがイヌ、ネコ、ウサギ、ヒトの皮膚の表層に寄生して起こります。 感染をうけた動物は背中にふけがたまり、 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP