水頭症

水頭症は、脳内の圧力が異常に高まることによって、様々な神経症状を示す病気です。

頭蓋骨の内部には脳室と呼ばれる空間があり、脳脊髄液と呼ばれる透明な液体で満たされています。

本来、脳脊髄液は脳室で一定量作られ、脳の表面を流れて脳の静脈に吸収されることによって一定の脳圧が保たれています。

水頭症とは、この脳脊髄液が何らかの原因で増えてしまい、脳を圧迫してしまった状態のことです。

水頭症の原因は?

この脳脊髄液量のバランスが崩れることに起因して脳室が拡大し、脳組織が圧迫を受けることで症状が現れます。

脳脊髄液が増える理由として以下の3つがあげられます。

・生産が過剰

・循環不全

・吸収障害

原因としては、先天的(遺伝的)、ビタミン欠乏症、外傷、感染症、脳炎、腫瘍の存在などが挙げられます。

好発犬種はチワワ、ダックス、ヨークシャー・テリア、トイ・プードル、ボストンテリア、ペキニーズなど人気の小型種・短頭種に先天性水頭症としての発生が多い傾向にあります。

水頭症の症状は?

特徴的な症状は頭部がドーム状に膨らむ、嗜眠(しみん・眠りすぎる状態)、活動性の低下、痴呆や攻撃行動などの異常行動から、筋硬直、痙攣発作、不全麻痺、知覚や意識の障害まで様々です。

また視力障害や眼球の揺れ(振とう)、斜視(両目が違う方向を向く)もみられます。

先天的な遺伝が関係する場合には、生後3カ月~6カ月の間に何らかの神経症状を起こすことがあります。

水頭症の治療は?

MRI検査により確定診断ができた場合、治療としては脳脊髄液の量を減らして脳圧を下げる内科的治療、もしくは脳に貯まった脳脊髄液を腹腔などに流すためのバイパス手術を行う外科的治療があります。

しかし根治は難しく、症状の軽減を目的とした対症治療を行うことも多くあります。

04

関連の記事

  • てんかん(治療)てんかん(治療) 現在のところてんかんは投薬による治療がほとんどです。 原因がはっきりしている症候性てんかんの場合には原因に適した治療が必要となります […]
  • ホルネル症候群ホルネル症候群 ホルネル症候群とは、顔面を支配している交感神経が働かなくなってしまう病気です。 ホルネル症候群の原因は? 原因として先天性異常、外傷、 […]
  • てんかんてんかん 脳起源の痙攣(けいれん)を主とする発作をてんかんと呼びます。 てんかんは脳細胞群の電気エネルギーが突然過度に放電されて痙攣を引き起こ […]
  • 脊髄梗塞脊髄梗塞 脊髄とは背骨の中を通り、脳からの電気信号を全身に伝える神経細胞の集合体です。 この脊髄の中を通っている血管が詰まってしまいその部分の […]
  • 馬尾症候群馬尾症候群 脊椎(背骨)は部位によって頸椎(首の部分)・胸椎(胸の部分)・腰椎(腰の部分)・仙椎(おしりの部分)と呼ばれ、その中を走る脳から抹消の神経 […]
  • 前庭疾患前庭疾患 前庭とは耳の中の一番奥の内耳にあります。 前庭は「卵形嚢(らんけいのう)」と「球形嚢(きゅうけいのう)」と「半規管(はんきかん)」か […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP