犬のアトピー

アトピーのとは

犬によっては、ほこりやダニ、花粉などに敏感に反応し、これらが空気と一緒にロや鼻から入ってくると、アレルギーになって皮膚をしきりに舐めたり掻いたりすることがあります。

このようにアレルギーを起こす物質(アレルゲン)によって引き起こされる皮膚の痒みのことをアトピーといいます。

アトピーの素因は?

犬種によっては遺伝的にアトピーの素因があり、日本犬、柴、シュナウザー、アイリッシュセッター、ボストンテリア、スコッチテリア、ウエストハイランドホワイトテリア、ケアンテリア、ワイヤーヘアードテリアなどは他の犬種よりも起こり易い傾向があります。

アトピーは季節的なものと季節に関係ないものがありますが、アトピーになった殆どの犬が結局は季節に関係なく症状を示すようになります。

アトピーの犬の約3/4は一般にまず春から秋にかけて発症します。アトピーは一般的に1~3才で発症します。

アトピーの原因は?

アトピーの直接の原因はアレルギー反応を起こしやすいという体質ですが、いくつかの要因が重なることによって、症状はさらに悪化します。

主なものとしては皮膚バリア機能の低下です。皮膚のバリア機能とは、体内の水分が蒸発しないようにとどめておく機能、また外界の異物が体内に侵入しないように防御する機能です。

これには皮膚最上部にある保湿成分や、皮脂腺から分泌される皮脂が重要な役割をしており、この機能が何らかの原因で損なわれると皮膚が乾燥したり異物が入り込んで炎症を起こしてしまいます。

アトピーの症状は?

痛みがアレルギー性皮膚炎の主な症状です。

咬んだり、ひっ掻いたり、細菌感染を起こしたりするので、皮膚に損傷を起こします。顔面や四肢や腹部にまず症状が現われます

皮膚の症状と同時に他の部位の症状、例えば、鼻からの分泌物、喘息、白内障、消化器や泌尿器の症状などが現われることもあります。

感染やアレルゲン、ストレスや外部環境などの要因が積み重なっていって、許容範囲を超えると痒みが出て来ます。

 

03a03b

 

関連の記事

  • アレルギー性接触性皮膚炎アレルギー性接触性皮膚炎 アレルギー性接触性皮膚炎は特定の物に接触することによって、接する皮膚の薄い部分にアレルギー反応が起こる病気です。 アレルギー性接触性皮膚 […]
  • 02ノミアレルギー ノミアレルギーの症状はノミの唾液成分に対する過敏症(アレルギー)によって起こります。 アレルギー体質の動物はたった1匹のノミに噛まれ […]
  • 猫の挫創(アクネ)猫の挫創(アクネ) 猫の挫創は顎をきれいにできない事から起こる皮膚病です。 猫の挫創(アクネ)の原因は? 体の他の部分は直接舐めることによってきれいにでき […]
  • 肢端舐性皮膚炎肢端舐性皮膚炎 肢端舐性皮膚炎(したんしせいひふえん)はたえず舐め続けることから起こる皮膚病です。 肢端舐性皮膚炎の症状は? 最初はほんの小さな脱毛部 […]
  • 趾間膿胞趾間膿胞 趾間膿胞(しかんのうほう)は肢の感染症で、指の間に最も多く見られます。 皮膚深くの細菌感染により、痛みを伴う膿(うみ)で満たされた水 […]
  • 皮膚襄胞皮膚襄胞 皮膚襄胞(ひふのうほう)とは皮膚に袋状の異常な構造物ができるもので、犬ではよく見られますが、猫にはあまり見られません。先天性(出生時に存在 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP