瞬膜腺突出(チェリ一アイ)

瞬膜(第三眼瞼)は左右の目の内側の隅で、まぶたと眼球の間にあります。

これは目を保護し、角膜全体に涙を含んで広げることを助けています。その瞬膜には涙液の30~40%を産生する瞬膜腺が含まれています。

瞬膜腺突出とは?

瞬膜腺突出とは、もともと腱膜組織の中にある瞬膜腺が何らかの拍子に飛び出してしまい、慢性的に露出・刺激を受けることによって、腫れ上がり飛び出たままになってしまう病気です。

中には知らぬ間に元に戻っていることもありますが、また再度繰り返すでしょう。赤く腫れ上がった組織がサクランボに似ているので、この状態のことを一般に「チェリーアイ」と言います。

瞬膜腺突出の症状として、目頭が赤い、白目の充血、目ヤニが多いというのがみられます。

瞬膜腺突出の治療法とは?

瞬膜腺突出の治療法は、手で押して戻る場合もあるのですが、戻らなかったり、すぐに再脱出をしてしまう場合には、手術で整復することが必要です。

昔は瞬膜腺を切り取ってしまう手術も行われていたのですが、瞬膜腺は涙を作る大切な腺であり、切除してしまうと約半数がドライアイになってしまうと報告されているため、獣医学的には、「切り取る手術は行うべきでない」とされています。

そのため、埋没して元の位置に納める「ポケット法」という術式で行います。

チェリーアイの症例

4歳ビーグル

主訴:目の内側が腫れてきた

診察してみると目の内側の瞬膜腺が腫脹し、また結膜も赤くなっていました。いわゆるチェリーアイという状態です。

もともとの解剖学的な問題が大きいため抗炎症薬をしても再発が起こりやすいとされています。

今回は飼い主様と相談のうえ、点眼薬での反応を見ることになりました。

点眼治療によりチェリーアイは良化しましたが、また再発が起こった場合は手術を行う予定となっています。

05

関連の記事

  • 猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群) 猫エイズとは、猫後天性免疫不全症候群(猫免疫不全ウィルス感染症)といい、FIV(Feline immunodeficiency […]
  • 流涙症(涙やけ)流涙症(涙やけ) 流涙症(過剰に涙が出ること)では目の下側が常に濡れていわゆる「涙やけ」と呼ばれる茶色い着色が起こります。 これはペットにとって見苦し […]
  • 緑内障緑内障 緑内障(りょくないしよう)とは、眼球内庄の上昇によって光を感じる網膜の神経障害を起こす病気です。犬と猫における失明の原因として最も多いもの […]
  • C131222潰瘍性角膜炎 角膜とは眼球の前面にある透明な部分のことです。 これは厚さが1mm以下で、いくつもの層(上皮、実質、デスメ膜、内皮)から成り立ってい […]
  • 白内障白内障 白内障とは水晶体が濁ってしまう病気のことです。 水晶体というのは黒目(虹彩)の瞳孔の奥にあり、カメラのレンズのようなピント調節機能を […]
  • 進行性網膜萎縮進行性網膜萎縮 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく)とは、目の中の一番奥にある光を感じるフィルムのような働きをする網膜の視細胞が徐々に機能を失っ […]
公開日:2014/10/23
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP