胃拡張・胃捻転

胃拡張・胃捻転(いかくちょう・いねんてん)とは、なんらかの原因で食後の胃内にガスが大量発生し、ガスでパンパンになった胃袋が捻転をおこしてしまう疾患です。

突然発症し、急速で致死的な進行を示します。急激に胃が膨らむため腹部が膨満し、吐き気、元気が無くなる、虚脱等の症状が見られ、処置が遅れると、ショック状態に陥る可能性もあります。

胃拡張・胃捻転の原因は?

原因は不明ですが、犬の胃の運動性の問題、食餌の種類や回数、運動などが発生と関係しているといわれています。

この状態が続くと、各臓器や大血管が胃による圧迫を受けてうっ血し、血液循環が悪くなり、心臓にも影響を与え、そのまま死亡してしまうため、緊急の対処が必要です。

コリー、シェパード、ボルゾイ、グレート・デーン、ボクサー、ジャーマン・シェパード、セント・バーナード、ドーベルマンなどの中年の大型犬に多く見られます。

胃拡張・胃捻転の治療は?

治療にはなによりもまず胃を減圧するための早急な手術を要します。

捻転を起こしている場合は早急に整復を行わなければいけません。また、心筋虚血症、自律神経失調症や電解質障害などによる不整脈が起こってしまうために術中死や術後死の可能性は高く、大変リスクの高い手術となります。

捻転が起きてしまうとそれにより体内で発生した毒素が蓄積されてしまい、胃壁、肝臓、脾臓、心筋の働きが損なわれてしまい、この毒素により手術中、心臓が停止してしまうこともあるからです。また、手術を行っても残念ながら再発してしまう可能性もあります。

胃拡張・胃捻転を予防するには、大量の食事や水を一気に犬に与えないようにするなどの、食生活の工夫が重要です。

予防は、食事の回数を1回にしないこと。(最低でも2回に分ける)また、食後の急激な運動も避けることをおすすめします。

胃拡張・胃捻転を起こした胃のレントゲン

02_1

正常レントゲン

02_2

関連の記事

  • 口蓋裂口蓋裂 口蓋裂(こうがいれつ)とは生まれついての先天性の形態異常で、遺伝的欠陥です。上顎に裂け目があって食餌をとる時に液体や個形の食物が入ります。 […]
  • 炎症性腸疾患炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)は、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする原因不明の慢性消化器疾患です。 炎症性腸疾患とは? […]
  • 巨大食道症巨大食道症 食道はロから胃まで食物を運ぶ器官ですが、「巨大食道症(きょだいしょくどうしょう)」はこの食道が拡張し、食道の運動が低下するために、食べ物を […]
  • 膵外分泌不全膵外分泌不全 膵臓の機能は外分泌機能と内分泌機能に分けられ、それぞれ下記のような働きをします。 外分泌機能:タンパク質や脂肪、炭水化物を分解する消 […]
  • 胃腸内異物胃腸内異物 異物(おもちゃ、ひも、ボール、串、植物の種など)を飲みこむケースは大変多いです。胃内にそれらがとどまってしいおることもあれば時問が経過して […]
  • 肛門嚢炎・肛門周囲瘻肛門嚢炎・肛門周囲瘻 肛門の左右、時計で考えると4時と8時の方向には肛門嚢(腺)という袋が一対あります。その中に悪臭のある貯留物(液体もしくはペースト状)が入っ […]
公開日:2014/10/23
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP