腫瘍の治療

外科手術

動物のほとんどの腫瘍を治療するのに外科手術はその基本であると考えられています

腫瘍が原発部位にとどまっていれば、手術は唯一の、あるいはまず第一に考慮すべき選択肢となります。外科手術の最終目的はペットの体中にできた腫瘍細胞をすべて取り除いてあげることです。

それが不可能であってもペットの外観を良くしたり、生活の質を向上させるために外科手術を行う場合もあります。

場合によっては、手術と他の治療法の組み合わせが必要になります。

癌を部分的に切除する手術によって症状が改善され、放射線療法や化学療法の効果が上がることもあります。

また、切除した腫瘍や組織の病理組織検査を行うことができます。腫瘍が良性なのか、悪性(癌)なのか、腫瘍が完全に取りきれているか、正確な確定診断をつけること可能となります。

放射線療法

強いエネルギーをもった放射線を患部に照射することで癌細胞を攻撃します。手術後に残った癌細胞を破壊するために使用する場合もあります。

放射線療法では長期間かけて、一定量の放射線を何回にも分けて照射します。

癌細胞の放射線による傷つきやすさは個々の癌によって異なり、抵抗力が強く放射線療法の効果が上がらない癌もあります。

また、治療を行える施設が限られてくるのも欠点です。

化学療法(抗癌剤)

化学療法では、薬を使って腫瘍細胞を破壊します

化学療法のみで治療することもあれば、放射線療法や手術と併用する場合もあります。化学療法は多くの場合、癌をコントロールし、またその転移を抑えるために用いられます。

このことから、リンパ系の癌(リンパ腫)などの全身に影響している癌を治療するためによく用いられます。

どんな化学療法薬も、程度の差はありますが正常な細胞にも影響を与え、副作用を起こします。

免疫療法

体の免疫システムを活性化し、癌に立ち向かうのが免疫療法の狙いです

腫瘍細胞にみられる抗原をワクチンとして使用し、抗体や免疫細胞(Tリンパ球)の産生を活性化するといった方法があります。

漢方

自然治癒力や免疫力を高める効果があります

効果には個体差はありますが、外科手術や化学療法と併用することで、再発予防や副作用の抑制が期待できます。

安全性が高い反面、抗癌効果は弱く、また投与量が多いことが欠点です。

関連の記事

  • 01a悪性リンパ腫 悪性リンパ腫とはリンパ様細胞が異常に増殖することにより起こる病気です。 この病気は血中のリンパ球が癌化したり、脾臓・消化管・骨髄の中 […]
  • 脂肪組織の病気脂肪組織の病気 身体の他の細胞と同様に、脂肪細胞も異常に増殖して、その結果として腫瘍になることがあります。また、何らかの要因で脂肪組織に炎症が起こる場合も […]
  • 毛包上皮腫毛包上皮腫 毛包上皮腫は毛包全体が濃縮された、黄色で顆粒状の“チーズ様”物質で満たされた複数の小さな腫瘍です。 毛包上皮腫の原因は? この腫瘍は良 […]
  • 乳腺腫瘍乳腺腫瘍 犬の乳腺腫瘍 乳腺腫瘍は雌犬の全腫瘍の約50%を占め、最もよく起こる腫瘍です。 母乳を生産する乳腺と呼ばれる腺組織に腫瘍が発生した […]
  • 06a肥満細胞腫 肥満細胞とは? 肥満細胞腫はアレルギ-反応や炎症反応、免疫反応に関与している細胞です。 刺激や痒みの原因となるヒスタミンやショック […]
  • 皮膚組織球腫皮膚組織球腫 皮膚組織球腫は良性の腫瘍で、主に1、2才の若い犬に見られます。皮膚組織球腫は、犬の特有の皮膚の腫瘍になります。他の動物たちでは認められませ […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP