膝蓋骨内方脱臼

小型犬の代表的な関節疾患で歩行障害や痛みを引き起こします。

膝蓋骨脱臼は全ての犬種で発生しますが、一般的には内方脱臼は小型犬に、外方脱臼は大型犬に見られます。

膝蓋骨と膝蓋骨脱臼について

膝蓋骨とはいわゆる ”ヒザのお皿”で、アーモンドの形をした骨です。この膝蓋骨は足を伸び縮みさせる太ももの筋肉(大腿四頭筋)の膝の部分の靭帯(膝蓋靱帯)にあります。

膝蓋骨の働きは、膝を伸び縮みさせるときに関節で靭帯がすれないようにし、また関節がスムーズに動くようにします。

このため、大腿骨には膝蓋骨が動きやすいように溝 (大腿骨滑車)があり、 そこを太ももの筋肉 (大腿四頭筋)の伸展に合わせて膝蓋骨が上下に滑るようにして動きます。

膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨が大腿骨の溝(大腿骨滑車)より内方、あるいは外方にはずれた状態を言います。

膝蓋骨脱臼の原因

先天性:生まれつきの大腿骨滑車の異常、大腿四頭筋の靭帯の異常など、関節の構造上の異常とされています。トイ種に多くみられます。

後天性:外傷性・習慣性によるもので、膝蓋骨の内・外側に加わった圧力により脱臼をおこします。フローリングで滑ったり、急な方向転換、打撲や落下などが原因となります。

膝蓋骨脱臼のグレード

グレードⅠ:膝蓋骨を手で押すと脱臼する状態。手を離すと自然と元の位置に戻ります。

        症状は無いか、非常にまれです。

グレードⅡ:膝蓋骨を手で圧迫するか、膝の関節を曲げることで脱臼し、足を伸ばすまで脱臼したままです。スキップのような跛行がみられることがあります。

グレードⅢ:膝蓋骨が脱臼したままの状態。一時的に元に戻っても、関節を曲げると脱臼します。スキップ様から重度の跛行まで、様々な症状がみられます。

グレードⅣ:膝蓋骨は脱臼したままで、手で元の位置にもどすことができない状態です。膝を完全に伸ばすことができず、歩行困難な状態になります。

膝蓋骨脱臼の治療

治療法の選択は病歴、身体検査所見、年齢などによって異なります。

軽度の場合にはサプリメントなどでケアすることもありますが、痛みなどの症状があったり、無症状でも若い成犬では外科手術がすすめられます。

繰り返しの脱臼により、軟骨が成熟する前に擦り減ってしまったり、成長とともに骨の変形が急激に悪化することもあるからです。

C152150

関連の記事

  • 臍ヘルニア臍ヘルニア 臍ヘルニアとはへその所で腹腔内内容物が皮下に脱出することです。 俗にいわれる「でべそ」とは臍ヘルニアであることも多くあります。 […]
  • 橈尺骨骨折橈尺骨骨折 橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の骨折は前肢への外傷の結果として生じます。 骨をおおう組織が少ないために開放性の骨折(骨の上の皮 […]
  • 11_1脛骨粗面剥骨折 下腿の骨は脛骨と腓骨の2種類があります。その脛骨の正面上部あたりに「脛骨粗面」があります。 大腿四頭筋(太ももの筋肉)の腱が膝蓋骨( […]
  • 前十字靱帯断裂前十字靱帯断裂 靭帯は強い線維組織でできていて2つの骨を連結しています。 膝の上には太ももの大腿骨(太い骨)と膝から下にはすねの脛骨(細い骨)があり […]
  • 骨軟骨症/離断性骨軟骨炎骨軟骨症/離断性骨軟骨炎 骨軟骨症は軟骨内に骨化が発生する全身性の疾患です。関節の軟骨部分の骨化が正常に進まないために生じます。 骨軟骨症が進行して関節軟骨や […]
  • 股関節形成不全股関節形成不全 股関節形成不全とは太ももも骨と骨盤を結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股関節が不安定な状態になることです。 この病気の犬 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP