膵炎

膵臓は消化酵素を分泌し、それを消化管へと送り出して消化を助けるという役割を担っています。

膵酵素は非常に強力であるため膵臓自体を消化してしまわないように、膵臓内では活性しないような形で保存されています。

しかし膵炎では、膵臓内で酵素が活性化し自己消化が起こってしまいます。

これは膵臓やその周辺組織に炎症を起こし、血液を通して全身に循環されると全身の臓器をも消化しはじめ、いわゆる「多臓器不全」へと進展してしまいます。

犬の膵炎

犬において、慢性の膵炎(すいえん)では膵外分泌機能の低下を示すことが多いです。

上手に消化することができないため、食べても食べても削痩します。脂肪を多量に含んだ黄色の便を出したり、腹痛が見られることもあります。

治療は長期に渡る食餌療法と、不足している膵臓酵素を補うことによ行います。一方、急性膵炎は激しい腹痛を伴って突然発症します。

軽度なもので早期に発見されれば予後は必ずしも悪くないので、集中した入院治療を行うべきです。

さらに病状の進んだ重度で劇症型の出血性膵炎となった場合、ひどい嘔吐、出血性下痢、呼吸困難やショックが見られ、死亡率は極めて高くなります。突然の激しい嘔吐や腹痛、下痢や黒色便が認められます。

急性膵炎は、一般的に肥満気味の中齢の雌犬に起こりやすいです。

好発犬種には、シェパード、ミニチュア・プードル、コッカー・スパニエル、ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアなどがあります。またミニチュアシュナウザーは、遺伝的な脂肪代謝異常によってなるケースが見受けられます。

多量の高脂肪食を食す犬、肥満の犬で罹患率が高いです。

猫の膵炎

猫の膵炎は犬と異なり、不顕性(症状が無い)で経過し軽度の慢性膵炎が多いとされています。

しかし猫では三臓器炎といって、膵炎、肝・胆管炎、腸炎を併発する症状も見られます。嘔吐は必発ではなく、元気や食欲減退などの非特異的な症状で顕性化されます。

原因としては、胆管系の疾患及び中毒、虚血性、外傷、特異体質による薬物の反応、感染症等が示唆されています。また肝臓や十二指腸の病気が原因で慢性膵炎を起こすこともありますが、詳しくはまだ分かっていません。

膵炎を予防するには、栄養バランスのとれた食事を適度に与え、脂肪分の多い食事やおやつを与えないようにします。

また、肥満にならないよう日頃から適度な運動と適切な食事内容や回数を心がけることが大切です。

 

11

前頭部の痛みを示す犬

関連の記事

  • 唾液腺嚢腫唾液腺嚢腫 唾液腺とは唾液を分泌する器官ですが、犬には、耳下腺、下顎腺、舌下腺、頬骨腺の4つの唾液腺があります。 唾液腺嚢腫の原因は? 唾液腺嚢腫 […]
  • 猫の口内炎猫の口内炎 猫の口内炎は難治性のことが多く、慢性歯肉口内炎と呼ばれます。 この病気は若い年齢(3~4歳頃)で発症してしまうことが多いのも特徴で、 […]
  • 胃拡張・胃捻転胃拡張・胃捻転 胃拡張・胃捻転(いかくちょう・いねんてん)とは、なんらかの原因で食後の胃内にガスが大量発生し、ガスでパンパンになった胃袋が捻転をおこしてし […]
  • 肛門嚢炎・肛門周囲瘻肛門嚢炎・肛門周囲瘻 肛門の左右、時計で考えると4時と8時の方向には肛門嚢(腺)という袋が一対あります。その中に悪臭のある貯留物(液体もしくはペースト状)が入っ […]
  • 胃腸内異物胃腸内異物 異物(おもちゃ、ひも、ボール、串、植物の種など)を飲みこむケースは大変多いです。胃内にそれらがとどまってしいおることもあれば時問が経過して […]
  • 炎症性腸疾患炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)は、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする原因不明の慢性消化器疾患です。 炎症性腸疾患とは? […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP