臍ヘルニア

臍ヘルニアとはへその所で腹腔内内容物が皮下に脱出することです。

俗にいわれる「でべそ」とは臍ヘルニアであることも多くあります。

へそは腹の中央部の傷跡みたいな所です。出生前にはここを通って胎児の血管や他の構造物が通過していました。出生時に臍帯を切るとこの開口部は閉じてしまいます。しかし時折完全に閉じずに腹壁の開口部として残ることがあります

シーズー、エアデールテリア、バセンジー、ペキニーズなどの品種では遺伝の関与も考えられています。

小さなヘルニア

ほとんどの小さなヘルニアは問題ではありません。ごく小さければ脂肪や大網といわれる腸管を包む腹膜の一部しか脱出せず、

中には成長とともに閉じてしまい、生後6カ月~8カ月くらいの間に自然治癒することもあります。

経過観察しても閉じ無いようであれば、避妊手術と同時に外科手術によって修復することができます。

大きなヘルニア

大きなヘルニアはとても重大で、そこに脂肪だけでなく腸管の一部が入り込むことがあります。

腸管がヘルニア部分に入り込み元に戻らなくなると、腸閉塞を起こしたり、締めつけにより腸管の血行が遮断され、腸管が壊死してしまうこともあります。

そこから毒素が放出されると、ショックを起こし亡くなることもあります。

このようなときには、ヘルニアの出ている部分を押さえても奥に引っこむことが無く、皮膚が赤くなり熱を持つことがあります。

急に吐き気が続いたり、便に血が混じる、便が出ない、ヘルニアが大きくなった、ヘルニアの表面の色が変化したなどの異常がある場合には、緊急手術が必要になることがありますので、すぐに動物病院にご相談下さい。

 

12

関連の記事

  • 11_1脛骨粗面剥骨折 下腿の骨は脛骨と腓骨の2種類があります。その脛骨の正面上部あたりに「脛骨粗面」があります。 大腿四頭筋(太ももの筋肉)の腱が膝蓋骨( […]
  • 前十字靱帯断裂前十字靱帯断裂 靭帯は強い線維組織でできていて2つの骨を連結しています。 膝の上には太ももの大腿骨(太い骨)と膝から下にはすねの脛骨(細い骨)があり […]
  • 橈尺骨骨折橈尺骨骨折 橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の骨折は前肢への外傷の結果として生じます。 骨をおおう組織が少ないために開放性の骨折(骨の上の皮 […]
  • 膝蓋骨内方脱臼膝蓋骨内方脱臼 小型犬の代表的な関節疾患で歩行障害や痛みを引き起こします。 膝蓋骨脱臼は全ての犬種で発生しますが、一般的には内方脱臼は小型犬に、外方 […]
  • 骨軟骨症/離断性骨軟骨炎骨軟骨症/離断性骨軟骨炎 骨軟骨症は軟骨内に骨化が発生する全身性の疾患です。関節の軟骨部分の骨化が正常に進まないために生じます。 骨軟骨症が進行して関節軟骨や […]
  • 股関節形成不全股関節形成不全 股関節形成不全とは太ももも骨と骨盤を結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股関節が不安定な状態になることです。 この病気の犬 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP