貧血を起こす疾患

貧血は赤血球が減少して酸素の運搬ができなくなり、様々な症状が起こります。

食欲不振元気喪失、動くと息切れをする、結膜や口腔粘膜が白っぽく退色するなどの症状がみられ、重症の場合はショックを起こします。

猫伝染性貧血(ヘモバルトネラ症)

猫伝染性貧血は、赤血球表面に寄生する病原体微生物(ヘモバルトネラ・フェリス)の感染が原因で、貧血を起こす病気です。

はっきりした感染経路はわかっていない上、診断は抗体検査や血液検査を行いますが、確実な検査法ではありません。

程度によって目立った症状が現れないものや重度の貧血症を起こすものまで様々です。治療としては、輸血と病原体を除去するための抗生物質投与を行います。

免疫介在性溶血性貧血

免疫介在性溶血性貧血は自己の赤血球に対し、自己免疫により赤血球が破壊される病気です。

赤血球の破壊が短時間の内に起きると生命を脅かすほど危険な状態に陥ります。猫より犬で多くみられ、コッカスパニエル、アイリッシュセッター、プードル、マルチーズ、シーズーでの発症が見られます。

治療にはステロイド、免疫抑制剤などの免疫を抑える薬を投与します。また、貧血の程度がひどい時は輸血が必要です。治療を行うことによって十分コントロールが可能な場合もあれば予後がとても悪いものまで様々です。

出血性貧血

血管外に血液が漏れ出ることにより赤血球が減少して起こります。

外傷などで皮膚から体外へ出血したり、胃腸炎や腫瘍などで組織が損傷し、体内へ出血している場合に起こります。

※輸血について

動物も人間と同じように輸血をすることができますが人とは違い、輸血を満足に行えるような施設は存在しません。したがって、十分に注意して輸血を行ってもショックを起こしてしまうこともあり、輸血にはかなりのリスクが伴います。

関連の記事

  • 04犬ジステンパー 感染した犬の出す唾液、鼻汁が体内に入ってウイルスに感染すると、免疫力が低下し、細菌感染がおこって肺炎や腸炎などが悪化します。 さらに […]
  • 狂犬病狂犬病 狂犬病は死亡率の高いウィルス病です。すべての哺乳動物がかかる可能性があります。 この病気は感染した動物が他の動物や人に咬みつくことに […]
  • 03犬コロナウィルス感染症 犬コロナウィルスは犬の消化器官を侵します。また、伝染力が強く、集団飼育している場合には短時間で蔓延してしまいます。 犬コロナウィルス感染 […]
  • レプトスピラ病レプトスピラ病 レプトスピラ病とは犬や人を始め多くの動物がかかる怖い細菌感染症です。 レプトスピラにはたくさんの種類があり、それぞれかかる動物は決ま […]
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウィルス感染症)猫汎白血球減少症(猫パルボウィルス感染症) パルボウィスルが原因で起こる伝染性の胃腸炎で、感染力が非常に強く、死亡率が高い病気です。 猫汎白血球減少症(猫パルボウィルス感染症)の原 […]
  • 04犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ) 犬伝染性気管気管支炎(いぬでんせんせいきかんきかんしえん)とは犬カゼと呼ばれるもので、第一に頑固な咳を特徴とする呼吸器病です。 仔犬 […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP