鉤虫症

鉤虫(こうちゅう)は比較的多い犬猫の消化管寄生虫です。成虫は小腸に寄生し、卵は糞便に排泄されます。診断は顕微鏡での糞便検査による虫卵の確認で行います。

動物は成熟虫卵や幼虫を食べたり、皮膚や足の裏から幼虫が侵入したり、母親の子宮の中で幼虫が胎仔に移行したりすることによって感染します。

卵から幼虫になるまで15~26日かかります。

鉤虫症の症状は?

鉤虫は重篤な症状を引き起こす消化管寄生虫のひとつです。動物の血液を吸血してひどい貧血を起こします。

若い動物、弱っている動物、栄養状態の悪い動物では、鉤虫は突然の衰弱や死を引き起こします。抵抗力のある動物では、鉤虫はゆっくり進行し、衰弱していく病気です。

鉤虫寄生の動物では体重が減少したり、下痢、タール様便、血便を頻繁に起こします。

鉤虫症の治療は?

治療には駆虫薬や注射を用いますが、貧血がひどい場合には輸血も考慮されます。

07a

鉤虫卵

07b

鉤虫幼虫

関連の記事

  • 疥癬症疥癬症 疥癬症(かいせんしょう)はヒゼンダニによって起こる皮膚病です。 犬、猫以外にもウサギ、フェレット、ハムスターにも見られます。 疥癬 […]
  • 鞭虫症鞭虫症 犬鞭虫という5~7cmほどの白く細い「鞭(むち)」のように見える吸血性の寄生虫によって引き起こされる病気です。 鞭虫症の症状は? 少数 […]
  • 11毛包虫症 ニキビダニ(毛包虫、アカラスともいう)というダニの一種が、動物の毛包及び皮脂腺に寄生して発症する皮膚病で、ほとんどの哺乳動物にもとから寄生 […]
  • 条虫症条虫症 条虫(じょうちゅう)は犬猫の消化管に見られる寄生虫です。 頭部と長い平らな片節の体部からなっています。片節は便中に排出され、頭部は消 […]
  • 糞線虫症糞線虫症 糞線虫の成虫は、約2mm程の細長く白色糸状の形状です。この糞線虫がイヌ、ネコ、サル、ヒトなどの消化管(小腸)に寄生して、下痢など様々な症状 […]
  • 05マダニ感染症 マダニは、木や草の葉先に生息し、犬がそこを歩いた時に付着してしまいます。 犬の被毛に付着したダニは皮膚の柔らかい部分に口器を差し込ん […]
公開日:2014/10/24
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP